2018台湾へ その1

2018年の夏休み計画は、というほど大げさでもなく。
3月くらいに、また南の島に行きたいねー。
数年前の奄美を思い出しつつ石垣とか離島とかをお調べ。
今年から、本格的に子供たちも別行動だし(昨年は受験生のために近場1泊で)。
予算も親子4人分を夫婦で使えればなどと皮算用も。
そして結論は、なぜかしらの台湾。グアム以来20年ぶりの一応海外に。
帰ってきて思ったのは、台湾は昔から近くの海外だったんだけど、ここ数年は、やはり流行りですかね。
日本中からLCCが飛んでいます。
そうなるとメディアの露出も多くなり、なぜかしら行ってしまうんだなぁと。
20年前のグアムがそうだったように。
でも今のグアムは便も減って高めですね。
最終的にはLCCの安さと3時間の飛行時間が決め手です。

場所は決まっても、いつ行くかが悩ましい自営飲食業。
少なくとも2日間はフリータイムが欲しいし、店を休めるのは3日間まで。
遊び代の他に、休日分の売上保証を計算すると3連休が限界なんです。
台湾は弾丸日帰りも含めて行程のバリエーションが多いようです。
悩んだ挙げ句、火水木を休みに決めました。
火曜の5:55発Peachで羽田出発、木曜の20:40Peachで台北桃園出発で金曜の0:55羽田到着。
まー結構ハードです。2泊4日のパターンです。
行きも帰りもバス電車が無い時間なので、自家用車で羽田に駐車。
ハード行程、私は好きなんで良いんですけど、妻がどう思ったかは良くわかりません。
月曜はランチのみの営業にして、9月4日から6日まで夏休みとしました。

日曜日の営業終了後にレストランの予約や行程をLINEに書いておいたり
Wi-Fiの端末設定などなど、終わってなくても取り敢えず準備完了ということに。
行程はフリータイムなので、かなり細かく交通機関の時刻なども記録し綿密な計画を練りました。
月曜のランチ営業終了後、調理場の大掃除をして
留守中に台風の予報(関空が壊れてやつ)だったので店回りを入念に見回り。
帰宅し食べ納めに淵野辺大勝軒で夕食。
私は23時ころ就寝。妻は時間が気になり寝れなかったらしい。
2:30起床で羽田へ車で移動。国際線駐車場は夜中のため空いていました。
そして初めての羽田国際線ロビーへ。

続く
また時間ができたら書こうと。
追伸:2018台湾へ その2

  • たてまえ
  • 本音

明日にでも続きを書く 

すぐやろう

絶対に1週間以内には続きは書かないだろう

そんなもんさ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。